乳液とニキビについて

私は脂性肌なので、いつもお昼頃になるとTゾーンがテカテカになってしまうことにとても悩んでいます。

化粧品カウンターでお肌の数値を診てもらったときに、水分が足りていないといわれたので化粧水は入念につけていますが、乳液がどうしても苦手です。

べたべたするし、乳液をつけるとニキビができてしまうからです。

よく、化粧水が逃げないように乳液で蓋をしなければならないといいますが、乳液をつけると肌が荒れてしまう人はどうすればいいのか悩んでしまいます。

クリームやオールインワンゲルを使ったほうがいいのかなとも思いますが、種類がたくさんあるので悩んでしまいます。

現在は刺激の少ない乳液を使っていますが、テカリは抑えられないので私のおすすめ オールインワンはまだまだ続きそうです。

エステ美容脱毛について

「エステティック」は、「美容」ということから肌のスキンケアというイメージが強くあります。

 

ちなみに肌にまつわることなら「横浜 脱毛」です。

 

「エステ脱毛」は、フェイシャル並みのようなケアが受けられる美容系の施術となっています。

 

その流れについては、はじめにドロッとするローションを肌に塗っていきます。

 

こちらジェルと言いまして、フラッシュマシンの熱から肌を保護する役目を持っていたり、制毛の効果をアップさせるための段階です。

 

次に光を当てていくのですけど、医療用のレーザーと異なり強弱の調整が不可であることから刺激が軽いです。

 

大よそワキのような幅の狭い部位であったら、約3、5分で完了しますので、ストレスフリーで受けられるのがメリットです。

 

また、フェイシャルやダイエットなどトータルビューティーを扱っている「エステサロン」なら、その都度安いキャンペーンを利用することも可能です。

 

気になる方は美容サロンのページをご参考ください。

不安定な気持ちから立ち直る事が大切

 2人目の子供が欲しいと思ったのですが、なかなか流産後 妊娠する事ができませんでした。

1人目は、すぐに妊娠したので、簡単に欲しくなったら出来ると、軽い気持ちでいたのですが、本当になかなか出来ずに、またその時期、生理も不順になり、妊娠は難しいのかと悩んでいました。

そして、そういった日々が2年ほどして、やっと妊娠したのです。

本当に涙がでるほど、嬉しかったです。

すぐに、夫にも報告して喜んでいたのですが、次の検診で、お腹の子供が成長していないことがわかりました。

本当にショックで言葉も見つからず、そして、手術でお腹から出さないとおけないと言われたのです。

こんなに、喜んだのに。

辛く何がいけなかったのか、自分ばかりを責めてしまいました。

しかし、色んな人に励まされ、少しずつ立ち直り、それから数ヵ月後に妊娠し、無事に出産する事ができました。

色んな複雑な気持ちにもなりましたが、色んな経験だあったから、一層子供を愛おしく思えるし、大切に育てようと思い、命の大切さを実感できるいい経験になったのかもしれません。

脱毛は意外と痛く無くて手軽でした

この前、両わきとVラインを脱毛してもらうために千葉 脱毛エステへと出かけてきました。

脱毛エステと言えば敷居が高そうなイメージがあって不安でしたが、お手入れは完全な個室で行なえるので人目につかない環境でしたし、エステティシャンも終始丁寧に笑顔で接客してくれたのでリラックスして過ごせたので良かったです。

脱毛と言えばムダ毛を引っ張ったり刺激するイメージがあったのですが、ただ肌に対して光を機械で照射して貰うだけで済んだので、非常に手軽なお手入れでした。

ワキの脱毛は片ワキ10回程度照射をするだけでしたし、Vラインも左右10回ずつ程度光を当ててもらうだけで意外とあっさりお手入れが完了しました。

脱毛サロンに行ってから10日ほどで、脱毛してもらったところの無駄毛が自然と抜け落ちたので感激しました。

指で生えている毛を軽くつまむだけですぐに無駄毛が抜けてくれました。

脱毛は予想と違って全く痛みも無かったですし、施術後にきちんと目に見えて効果があり、未経験の私でしたが安心しました。

親の脱毛法について知っていますか

読者の皆様、ご両親はご健在でしょうか。
ご健在であるならば、失礼ですが、脱毛についてはどのようにお考えか聞けますでしょうか。
聞かずとも、すっかり脱毛されている様子が見ればわかる、という方もいるかもしれませんね。
ご健在でない方については、思い出さなくてはいけないかもしれません。
ご両親は脱毛されていたか。
全く脱毛には興味が無かったか。

 

私の家庭では、微妙であったと思います。
思い出すのにも限界がありますし、もう聞くこともできません。

 

脱毛のされ方については、人並みであったと思います。
特に無駄毛は見られませんでした。
ですから、親というものには無駄毛というものはないのだろうな、と思いながら育ってしまったほどです。

 

これが、実はこっそりと脱毛していた結果なのか、それとも元々の体質だったのか、今となってはわかりません。
こっそり脱毛していたのであれば、なぜこっそり行っていたのか。
今となっては聞くこともできません。
私が亡くなるときには、脱毛法についても話しておこうかと思いました。

千葉で脱毛するなら

去年、大学に入って周りの友達と話していると脱毛サロンに通って脱毛している子がいたんです。
私はバイトはしてますが、脱毛サロンに払える程のお金はないのでいいなーと思っていたら友達が
「バイト代でも通える脱毛サロンもあるよ」って教えてくれたんです。

 

千葉の脱毛ラボなんですが、月額制で1万円以下の金額で脱毛出来るので確かに私でも何とかなりそうです。
お店の場所が千葉駅の周辺にないのは残念だけど、船橋にあるのでまぁ通えるかな?
月に1万円で全身脱毛が出来て、しかもあまり痛くなかったという話を聞いて脱毛ラボに行こうと決めました。

 

脱毛ラボは全国にお店があるので千葉に関わらず、福岡で脱毛したい人でも神奈川で脱毛したい人でも
行けるので興味のある人は是非、脱毛ラボで脱毛してみて下さい。

家庭用脱毛器ってどうなの?

弟がもうカミソリ負けで肌を傷め続けるのはイヤだとヒゲの脱毛に行きたいとせがんできます。

私はエピレで脱毛しているのですが、「女性ばっかり格安プランがあってズルい!男の方がムダ毛1本1本の存在感が大きいし、ヒゲはマスクぐらいでしか隠すこともできないから一年中ちゃんと処理しないといけなくて大変なんだ。」とこんこんと説明されたらなんだか申し訳なくなってきました。

そこで効果があると評判の家庭用脱毛器のケノンを勧めてみました。

ちょっと値段はしますけど、販売数もかなり多いし、口コミの評判がかなり良いので前向きに検討しているようです。

去年私が初めて見たときは色がピンクとオレンジの2色しかなかったのですがさっきサイトを見たらメタリックシルバーがあったので男性の購入者が多いから出来た色なのかなぁと思います。

それは女子?会での話だった

何かと私の家に遊びにくる、おネエのM…ちゃんと言っておこう。
Mちゃんは、とっても美人なおネエなんです。
肌も何時もキレイだし、スキンケアにも手抜きがない。
私の休みの日は、一緒にショッピングに行ったりもする一番の仲良し。

 

 

元が男の子なので、結構楽だったりもするし、男目線で色々アドバイスもくれたりする。

 

先日一緒にコスメを買いに出掛けた時の事。長野で脱毛した事あるんだって。
Mちゃんは誰もが振り向くキレイなオネエさん。
私もスタイルだって普通だし、顔もそんなに悪いわけじゃない、肌もちゃんと手入れしてるけど、Mちゃんは仕事がら余念がない。

 

その差がコスメカウンターに行くと露に出ちゃうんですね。岐阜でも脱毛しに行きたいな。
とにかくMちゃんはべた褒めなわけですよ、うぶ毛もキレイにしてあるし、メイクのノリも毎日絶好調。
悪いと外に出ない徹底ぶり。散々Mちゃんを褒めちぎった後に、美容部員のお姉さんが言い放った一声「少し荒れてるみたいですけど、肌はデリケートですから、うぶ毛の処理をし過ぎるのは良くないですよ」細か~い顕微鏡で見ると、剃刀でちょ
っと負けてる部分が見えたりするみたいです。栃木では永久脱毛サロンが少ないみたい。

 

 

でも、スゴく気持ち良かったし皆に褒めて貰ったのに。
「そんな事ないって、キレイになってるから」ってMちゃんは言ったけど、プロの一言は堪えますよ。

顔そりカミソリが傷んだので交換した♪

私は顔そりには、顔そり用のカミソリを使っています。

体を京都で脱毛するカミソリでは、やはり刃が大きすぎ…(汗)そこまで大きいと、逆に細かい箇所までお手入れしにくかったりします。

顔そりカミソリの刃が傷んだので交換しました。刃がダメになると、二度剃り、三度剃りをしてしまいがち…。それをすると、お肌に傷がついたり、乾燥しがちなので、剃り味が悪くなったら交換をします。

そんな理由で昨晩、交換しました。シェーピング剤をつけて、鼻の下にカミソリを滑らすと、するーんとムダ毛が剃れます♪うん。やっぱりこの感じ、いいじゃない♪と思って、軽快に新潟で脱毛しました。

やっぱりカミソリの刃の切れ味は重要ですよね。顔そりカミソリは、3本200円と超激安なので、刃が傷むとすぐに交換します。

でもこうすれば、剃り味抜群、お肌もつるつるで仕上がるのでいいですよ。

みなさんもカミソリの刃はマメに交換しましょうね。でも特に顔のお肌はデリケートなので、本当は宮城で脱毛するのがおすすめなんですけどね。

裏側矯正って痛いの?

3年前に歯の矯正治療をしたんですが、私がやった矯正は裏側矯正という矯正方法で、矯正装置を歯の裏側に付けるものでした。
他人からは見えにくいので、私が矯正をした事を知らない人もいます。

 

会社の同僚もそんな1人でしたが、私が裏側矯正をした事に興味深々みたいです。
どうやら同僚も裏側矯正をしてみたいらしいんですが、先日その話をしていた時に「裏側矯正って痛い?」
と聞かれました。同僚は矯正時の痛みをものすごく心配していたので、私の経験した痛みを教ええあげました。

 

矯正を始めてすぐはやはり痛いです。独特の痛みですが歯が疼くような重い感じの痛みです。
といっても最初の3日位の話なので、そこさえ乗り越えてしまえば痛みを感じる事はなかったと言うと同僚も安心していました。

福岡でネイルしてもらいました

友達が福岡でエステ店を開いて1年。
友人割引?で安くしてくれるので、ちょこちょこ通ってます。

ちょうど私がもともと通ってる福岡のヘアサロンの近くなんですよ~

やっぱりついでに寄れるっていう手軽さが嬉しいですよね。

1~2ヶ月に1度通ってるのですが、最近気になるお店を見つけたんです。
福岡のこのサイトのネイルのお店と、マツエクのお店なんですが…。

友達に聞いたら「福岡でマツエク行くならここがおすすめ!」って言ってました♪

ネイルの方は知らないみたいだったので、行ってみたら安いし早いしよかったですよ~

福岡にちょこちょこ行く用事があってネイルに興味がある方は、
そんなに時間もかからないので行ってみてくださいね♪

歯科矯正ってやった方が良いの?

大学の頃に1年間、交換留学でアメリカに留学していました。

留学すると良いよ~とはよく聞いていましたが、
留学中に色々な体験をしたお陰で知見が広がったり、
逆に“やはり日本が一番だ”と、日本人としてのアイデンティティを感じられたり、確かに良い経験になりました(^O^)
でもつくづく感じたことがひとつだけあるんです。

それは、海外にいるなら歯科矯正しなきゃ恥ずかしいってことです(^-^;
アメリカの大学では、もちろん現地の友人が出来ました。

彼らの多くは当たり前のように広島で矯正歯科をしているんです。

だからと言って、
彼らが歯科矯正をしていない僕の歯並びをバカにするということはありませんし、一世代前の典型的な風潮のように、
歯並びが悪いのがアジア人だ、という思い込みをされた訳でもありません。

それでも小さい頃から歯科矯正を受けた彼らの中でガタガタの歯並びをさらけ出すのは、仲良くなればなるほど恥ずかしいことのように思えてきたんですね。

向こうでは保険がかなり利くからみんなが歯並びよく出来るらしいです。

そういうところは本当に羨ましいですね~。

留学の話からそれちゃってスミマセン(;^ω^)

お釣りが出ないギフトカードを換金してきました

カードというようなものは作成しても運用しないような人もいます。
かと言ってもネットでの支払などクレカなどを活用するような機会は多いでしょうしマイルなどお得な場合も多いですから所有して無駄なことはないと思います。
なおまたよその国でクレジットカードというものは必須要素となるので旅行をするような折には間違いなく必要になります。
だけれども現在国内経済がぱっとしないから、正規従業員ではなくてパートアルバイト等で収入を稼いでいるといった人も結構多いことでしょう。

 

前述のような派遣等というようなものはやむにやまれず生活費が一律でないので、クレジットカード会社の審査の基準をパスできないケースことがあります。
からといっても、カードというものは所謂借入等なんかと変わってきて、比較的審査の基準が通過しやすいなどといわれているのです。
審査に合格するかは申込みをしてみないとわかりませんので取りあえずいろいろな会社に申しこみをしていきましょう。

 

クレカに関しての種別というようなものを多様に変えてみるのも良いやり方になります。
クレジットカード会社の考え方次第ですがすんなり審査に合格する場合もあると思います。
知人なんかで、専業主婦の人やフリーターなどの人でもクレジットカードを使用している人がいると思います。

 

しかしながら契約審査は通過していっても上限額といったものはたいして大きくはないのです。
普通よりも低水準な上限になると考えておいた方がいいと思います。
これについては回避できないというところなのです。
しかしカード申込後に運用状況により上限枠というのが伸長できることもあるのです。

 

もち論支払などの滞納等というようなものがないのが要件となります。
クレカなどの利用限度というようなものは意味的にカードローン等とは異なります。
複数回払い等にしないのなら借財といったものを負うようなことにはならないですので、うまく使用しておきましょう。