落花生の苗は、園芸店やホームセンターなどでタイミングよく手に入れば利用してみましょう。
少ない本数を植え付けるのであれば、お手軽でおすすめです。

ここでは落花生の苗作りを説明します。
1.落花生の種を一昼夜ほど水に浸して給水させます
2.ポットに土を入れ指先で1センチメートルほど埋めます。
次に土をかけ軽く押さえます。水はたっぷり与えましょう。
3.1つのポットに本葉2枚でたら植付けできます。
4.よく耕した畑に石灰を撒き苗を1カ所につき2本立てます。
苗と苗の感覚は30センチ開けます。
地面が乾いていたら、たっぷり水をやります。

落花生は直播きでも大丈夫です。
発芽率が悪かったり、鳥害があるので、多めに撒きます。
30cm間隔で、2粒づつ撒くとよいです。
密集してしまったら本葉が出た頃に間引くか、移動すればいいわけです。

落花生は収穫まで時間がかかりますが、それほどメンテナンスが必要な野菜でもありません。
花が咲いてからの子房柄が地面に潜り込むといった落花生ならではの特性も面白いと思います。

水やりは、発芽までは多めにやります。
根がしっかりついてからは、地面が乾かない程度で大丈夫。
追肥はカリ成分の多い化成肥料を施す程度で、なくても構いません。
詳しくはこちら。

⇊詳細をご覧下さい⇊
落花生 栽培

関連記事

    None Found