「歯科」の記事一覧

審美面でも仮歯は肝要な存在です…。

歯科

永久歯と違って乳歯は、歯の象牙質やエナメル質等の分厚さが約半分ほどしかないのです。更に再び歯を石灰化する力も強くないため、虫歯の細菌にいとも簡単に溶かされてしまうとのことです。下に比べて上の親知らずは、麻酔の作用が効果的・・・

美しい歯になることを中心に据えているため…。

歯科

節制した生活になるよう注意し、唾液に因った修復作業に拍車をかけるということを理解した上で、大切なムシ歯の防止を重点的に熟慮することが願わしいのです。歯にこびり付いてしまう歯石は、プラークと違って硬質なので、歯みがきで取り・・・

どのような仕事内容の社会人についても当てはまることですが歯科衛生士みたいに医療関係の会社に関わる人は…。

歯科

どのような仕事内容の社会人についても当てはまることですが歯科衛生士みたいに医療関係の会社に関わる人は、一層格好に神経を使わなければならないのです。大人になっても永久歯は虫歯になってしまいますが、乳歯は性質上、永久歯に比べ・・・

人工歯の切り離しがやれるというのは…。

歯科

デンタルホワイトニングをしないとしても、歯の割れ目を放っておくと、象牙質がもろくなってしまい、周囲の空気や熱い料理が触れる度に痛む事があり得るのです。活用範囲がすごく広い歯科専用のレーザーは、種類が豊富で、他に色々な治療・・・

職業に関わらず全ての社会人に向かっても当てはまる事ですが例えるならば歯科衛生士のような医療関係の現場に勤めている人は…。

歯科

美しい歯になることを焦点に置いているので、歯と歯の噛み合わせのチェックをそっちのけに考えている状況が、色んなところから伝わってきているのが理由です。ノーマルな入れ歯の悪い点をインプラントを装着した入れ歯がカバーします。ぺ・・・

このごろたくさんの人に認識されている…。

歯科

歯を半永久的に保持するには、PMTCがすごく肝心であり、この施術が歯の治療後のまま長期にわたって保存できるかどうかに、強く関わってくることも確実な事です。唾液分泌の低下、歯周病はもちろんのこと、入れ歯の使用で発生する口腔・・・

診療用の機材というハード面は…。

歯科

慣れない入れ歯に対して想像する負のイメージや固定化した考えは、自らの歯で噛んだときとのギャップを見比べるために、どんどん増大していってしまうのだと察します。審美歯科においては、外見のみではなく、噛み合わせや歯並びについて・・・

長々と歯を使い続けると…。

歯科

私たちの歯牙の表層を覆っている固いエナメル質のすぐ下の部分より、口内環境の指針である酸性の度数がペーハー(PH)の値が5.5から5.7より低下すると、リンやカルシウムなどが溶出します。きちんとした日頃の生活を胸に、唾液・・・

口臭を抑える効能のある飲みものに…。

歯科

嫌なプラークが蓄積する前に、歯石の予防を毎日行う事が、極めて肝要なポイントになります。歯垢の付きやすい所は、しっかりとケアする事がなおさら肝要です。虫歯は、虫歯の菌が歯を溶かして冒していく速度に、再び歯を石灰化する作用(・・・

口内炎ができる因子は…。

歯科

仮歯が入ってみると、見た感じもナチュラルな感じで、食事や会話等にも悩むことがありません。更に仮歯があることによって、まだ治療の終わっていない歯が被害を受けたり、歯列がずれてしまったりする事がありません。患者が重んじる情報・・・

口の開け閉めによる筋肉の緊張を和らげ…。

歯科

下部に比べて上部の親知らずは、麻酔の効用が強くなるため、歯を抜く時にも強烈な痛みを伴うという実例が少なく、痛さを感じやすい方だったとしても手術は比較的簡単に為されます。例えば継ぎ歯が色褪せてしまう素因に考えられることは、・・・

先に口の中に矯正装置をはめこみ…。

歯科

セラミック処置と総称しても、多彩な材料や種類等が用意されているため、担当の歯科医師と納得できるまで相談して、自分の歯に適した治療法を吟味しましょう。審美歯科に関する医療では、「悩みのタネははたしてどういったことか」「どう・・・

裏側矯正って痛いの?

歯科

3年前に歯の矯正治療をしたんですが、私がやった矯正は裏側矯正という矯正方法で、矯正装置を歯の裏側に付けるものでした。 他人からは見えにくいので、私が矯正をした事を知らない人もいます。   会社の同僚もそんな1人・・・

歯科矯正ってやった方が良いの?

歯科

大学の頃に1年間、交換留学でアメリカに留学していました。 留学すると良いよ~とはよく聞いていましたが、留学中に色々な体験をしたお陰で知見が広がったり、逆に“やはり日本が一番だ”と、日本人としてのアイデンティティを感じられ・・・

ページの先頭へ