再生可能エネルギーとして知られている「太陽光発電」この太陽光発電が注目され普及への取り組みがなされて久しいですが、日本においてはまだまだ普及しているとは言い難い状況です。
一方、海外を見て見るとドイツをはじめヨーロッパなどではその普及率は日本を上回り、世界トップレベルです。
なぜ太陽光発電は日本ではあまり受け入れられないのでしょうか。
太陽光発電に使われる太陽電池は半世紀以上前に開発されました。
初めは開発コストが高く、発電量の小さいものでしたが、技術の進歩とともにコストの削減や発電量の効率化が図られるようになっていきました。
日本の太陽電池の技術力は世界的に見ても大変高いものですが、コスト面ではヨーロッパに劣っているのが現状です。
また太陽光パネルの設置コストもかかるため初期費用が高くなり、発電をした電力を電力会社に販売しながら、長期間使い続けてその初期費用を回収していくことになります。
必然的に長く住む家を持っていることが前提となり、故障のリスクや電力販売価格も頭に入れた上で計算していかなくてはなりません。
ドイツなどのように低コスト化が進み、国を挙げた政策が実行されれば太陽光発電の普及率も上昇していくことが考えられますが、日本においては費用対効果を見極める必要があるようです。
こちらにまとめてあるので参考にしてください。⇒海外 太陽光発電

関連記事