気付いたら角栓が毛穴に詰まっていて、見た目にも毛穴が黒くブツブツと目立っているということがあります。
角栓の汚れというのは、皮脂やメイクの残りなどの汚れが混ざり合って固まってしまったものです。
小鼻などは指で押さえると角栓が取れることもありますが、肌を傷つけてしまい炎症の原因にもなりますのでオススメはできません。
毛穴パックも一度にごっそり取れて気持ちいいのですが、貼っている部分の角質も無理やり剥がしてしまいますので繰り返し使うと肌荒れや乾燥が進んでしまいます。
硬くなってしまった角栓は通常の洗顔だけでは取ることができません。
この角栓を取るために必要なことは、毛穴を開かせて汚れを吸着させて取ったあとに、毛穴を引き締めるという一連のケアです。
洗顔をする前にホットタオルなどで毛穴を開かせてから、吸着力の高いクレイ系の洗顔料で角栓が気になる部分だけ泡パックをします。
この時、角栓を取りたいからとごしごし擦ってしまうと肌の潤いがなくなってしまいますので気をつけてください。
洗顔をしたあとは冷水や冷やしたタオルなどで肌を引き締めます。
乾燥していると毛穴は開きっぱなしになってしまいますので、最後にしっかりと化粧水などで水分を補っておきます。
一度で全ての角栓が取れるというわけではありませんが、毎日ケアをすることで少しずつ角栓も改善していきます。

私が参考にしたのはここです⇒毛穴ケア 角栓

関連記事