太陽光発電はソーラーパネルの表面に光を当てることで発電を起こします。
つまり、ソーラーパネルに当たる光の量や強さによって発電量が変動するため、その理想的な設置場所は日陰ができないような開けた場所であり、個人で太陽光発電を利用する場合には自宅の屋根とすることが多いです。
ただし、ソーラーパネルも軽量化が進んではいるものの、設置場所にはその重さに耐えられる程度の強度が必要なので事前の確認が必要です。
また、1日の中で太陽光が最も強くなるのは太陽が南の空に昇ったときなので、ソーラーパネルが南を向くように設置することが理想的です。
もちろん、傾斜のある屋根で南向きの面がない場合にはソーラーパネルを南に向けるのは厳しいですが、その場合でもソーラーパネルの角度を工夫するとある程度発電量を上げることができます。
屋根の傾斜がきつい場合、太陽の位置によっては屋根が太陽光をさえぎってしまう可能性があるので、ソーラーパネルの角度を浅くして長い時間少しでも太陽光を受けられるようにするといいでしょう。
とはいえ、その場合にはソーラーパネルの表面にチリやホコリなどのゴミが積もりやすくなるので、より一層まめに掃除する必要が出てきます。

太陽光発電について、もっと知りたい方はこちらを参考にしてください⇒太陽光発電 設置場所

関連記事