太陽光発電と聞いた時は、ついにすごい技術の到来だと感心したものです。
街中や、山の壁面などにきれいに輝く太陽光発電。
今やパネルと太陽の光だけで電気の供給ができてしまう、なんて便利な世の中になったと思います。
大抵の方は、大地震の影響で、電力不足になり節電を経験されたことがあると思います。
原子力、風力、火力いろいろな発電によって電気の供給がされていますが、当時は、何とか電力を供給して欲しいと渇望したものです。
その中で太陽光発電も参入したわけです。
一見、これからのエネルギー供給の強い味方になったと思いますが、「設置費に多額の費用と払ったが見返りがほとんど望めない」なんて声も上がってきているのです。
折角、財産投資したのに、供給する電力があまりにも安かったなんてことが後々になって発覚したらもう最悪です。
また、「設置した後の問題」例えば、いままで畑だった場所に、太陽光発電を設置したが、しばらくしてみたら、水はけが悪く、水たまりができてしまったり、逆に、太陽光発電を設置することにより更地に近い状態になるので、傾斜のある山地では、鉄砲水のような洪水が発生するなど自然災害に近い問題が頻繁に発生しています。
さまざまな問題が発生している現在ですが、太陽光発電は、今後の未来の有効な電力供給になることは間違いありませんので、しっかりと予算、立地条件などを確認したうえで、供給する側も提供される側も特になるような取り組みをしてもらいたいものです。
太陽光発電に興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 失敗

関連記事