自宅に太陽光発電システムを導入する際、家の屋根や庭の空きスペースを利用することが一般的です。
しかし、自宅の屋根に設置する場合、設置工事費用が高額になるだけでなく、住宅構造が重さに耐えられるかどうか考慮する必要があり、雪が降った際に屋根が太陽光パネルと雪の重荷に耐えられるか重要です。
一方、庭の空きスペースを利用する場合、雪による重みの影響を受けることが無く、太陽光パネルに着雪した場合でも竹ぼうきなどで簡単に除雪が可能です。
しかし、住宅事情を考えた場合、庭の空きスペースがあるというのは珍しいケースであり、日当たりが良く、空きスペースの確保としてカーポートを利用することが増えてしまいます。ですが、カーポートに太陽光パネルを取り付けることは、非常に危険であり、着雪時にはカーポートが倒壊し、自動車までも破損させる危険性を伴います。
冬以外の季節では問題はないものの、冬に滅多に雪が降らない地域でたった数センチの着雪でもカーポートがつぶれるといったニュースがあります。
そのため、より屋根に重量を掛けてしまう太陽光パネルはカーポートへの設置を避けることが望ましくなります。
特に豪雪地帯の様に降り積もらないものの、湿った雪が降る地域では太陽光パネルの設置場所に注意が必要です。
もし、どうしてもカーポートを利用するといった場合は、カーポート自体の構造を強化するなど対策が必要になります。
こちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 雪

関連記事