ロスミンローヤルとキミエホワイトは、どちらとも女性特有の肌の悩みを飲んで解決できる第3種医薬品です。
ただロスミンローヤルとキミエホワイトの効能の幅広さを比較すると、ロスミンローヤルのほうがシミやしわだけでなく、冷え性や更年期予防など身体全般のアンチエイジングケアも両立できるのが強みです。
ちなみにキミエホワイトはシミそばかすを代表する色素沈着の改善に特化した飲み薬で、ロスミンローヤルと比較しても1箱あたりの定価が約3800円とほぼ半額なので、深刻なしわの悩みを持ってなくて、リーズナブルに紫外線予防に努めたい人ならお買い得です。
尚、ロスミンローヤルとキミエホワイトは両方高い美白効果が期待できる医薬品ですが、気になる有効成分L-システインの配合量を比較してみると160mgと同じ量なので、同程度のメラニン排出効果が期待できます。
又、服用対象年齢を比較するとキミエホワイトのほうが7歳からOKに対して、ロスミンローヤルは16歳からとやや高い年齢にならないと利用できないようになってるのも注目ポイントです。
ロスミンローヤルとキミエホワイトは商品パッケージがよく似ていて販売実績も古い医薬品ですから、エイジングケア商品の比較サイトでもよく取り挙げられてますし、アットコスメでも日々更新された詳しい口コミが読めるようになってるので、違いがよく分からない人は是非ネットサーフィンしてよくリサーチするようにしましょう。
ロスミンローヤルとキミエホワイトの違いと共通点がわかりやすくまとまってるので参考にしてください。⇒ロスミンローヤル キミエホワイト 比較

関連記事