髭は男性の象徴と考えるのは間違い

男性であれば成人を過ぎる頃には髭が伸びるようになる人が多くいます。

個人差はありますが、髭が伸びることは男性である以上は仕方のないことです。

髭がある程度伸びたら剃れば良いのですが、一方で髭の手入れをせずに放置している人もいます。

面倒だから剃らない人もいますが、中にはお洒落の一つとして髭を伸ばしている人もいます。

男性からすると、髭は男の象徴であると考える人も多くいるようです。

しかし、女性からすると髭を伸ばす行為は良い印象がないようです。

髭が長いと顔の手入れに無頓着な人だと捉えられて不潔と考える女性は多く、一般受けはあまり良くありません。

髭が長いことは「汚い」や「だらしない」というイメージが付いているのです。

 

 

長い髭には細菌が潜んでいる!

髭が長いと汚いというイメージは意外と当たっている場合があります。

必要以上に長い髭は細菌やバイ菌の温床となってしまいます。

毎日綺麗に洗っているから大丈夫というわけではないのです。

食事をする時にはどうしても口周りが汚れてしまいますが、髭が長いと髭に汚れが付く可能性が高くなります。

例え口周りの汚れは落とせたとしても、髭の汚れまで完全に落とせる人は少ないでしょう。
また、髭が長い人は自分が知らない内に髭を触る行為をしていたりします。

目には見えませんが、手には常に大量の細菌が付いています。

その手で髭を触ることで、髭に細菌やバイ菌が移ってしまうのです。

そうなると、髭の中で細菌が繁殖してしまうのです。このようなことが原因で髭 長いと不潔になってしまうのです。

 

 

髭は必要以上に長く伸ばさない!

髭は長ければ長いほど相手に対して「不潔」という印象を与えてしまう上に、細菌の温床になってしまいます。

面倒だからといって無精髭にしておかずに、こまめな手入れを心掛けましょう。

お洒落などの理由で髭にどうしてもこだわりがある人は、出来るだけ清潔にいられるように心掛けましょう。

食事の後は髭まで丁寧に拭いたり、ウェットティッシュを持ち歩くなどすることで、細菌の繁殖も防ぐことが出来ます。

また髭は出来る限り触らないようにしましょう。

定期的に髭をカットして長さを維持するのも効果的です。

必要以上に髭を伸ばすことを避けるのが良いです。

自分のこだわりを貫くことも大切ですが、周りに与える影響や印象にも配慮をして許される範囲でのお洒落を楽しんでいただければと思います。

 

 

関連記事

    None Found