シミやしわに効果がある「ロスミンローヤル」は単体では危険性は少なくても他の薬などとの飲み合わせによって、危険性が生じる可能性はゼロではありません。
ロスミンローヤルは基本的に妊婦や授乳期間中でも服用できるくらい安全性は高いものでありますが医薬品という位置づけがされていますので、他の薬を定期的に服用している場合は医師や薬剤師の指導の元で判断する方針で案内されています。
飲み合わせについて注意することは、現在何らかの病気や疾患などをお持ちの方であったり医者にかかっている場合や、薬などによりアレルギー反応を起こしたことがある場合はロスミンローヤル服用前に医者や薬剤師に相談する様にします。処方されている薬の多くは、食後30分以内の服用が推奨されていることが多いです。
ロスミンローヤルも食後30分以内の服用なので、双方の成分が化学反応を起こしてしまう可能性があり危険性が上がってしまうこともあります。
ロスミンローヤルは医薬品によっては飲み合わせで危険性があるということをしっかり理解した上で他の薬を飲むときや薬によるアレルギーが心配なときは医者や薬剤師に相談をし判断を仰いで用法と用量を守って、正しく使用することが重要です。
参考に、こちらのサイトも読んでみてください⇒ロスミンローヤル 飲み合わせ

関連記事