基本的には全身で黒ずむことはない

全身脱毛を受けることで施術を受けた部分の肌が全身黒ずむようなことは、ほとんどのケースではありません。

ただし、部位によっては黒ずみ易いところがあるので、その部位の脱毛を受ける場合は、肌観察やアフターケア、施術時の照射出力などには十分に注意する必要があります。

全身脱毛を受けてムダ毛がなくなっても、肌が全体的に黒ずんでしまったら意味がありませんよね。

しかし、多くの人の肌では、ワキとVIOライン以外の部位の毛は、比較的産毛率が高く、黒ずんでしまいやすい条件が体全身で当てはまることはあまりありません。

その為、全ての脱毛部位において、黒ずんでしまうことを懸念する必要はありませんので、まずは安心しましょう。

ただし、黒ずみのリスクは0ではありませんから、部位によっては注意が必要です。

全身のときは黒ずみやすい部位の観察が重要

脱毛後に黒ずんでしまう部位は、濃く太い毛が密集している肌だとされています。

このような肌の場合、肌の受ける光のエネルギーが毛のメラニンに集まるだけでなく、肌のメラノサイトも刺激してしまって、メラニンが生成されてしまう為、稀にそのような症状が起こることがあるとされています。

そのような特徴が当てはまる部位については、十分に注意して肌観察を行い、施術中も何か違和感があったり痛みが強い場合にはきちんと申告するようにしましょう。

関連記事